商品の詳細
作家名マリー・ローランサン
作品名母と子
技法オフセットによる複製
外径サイズ84×64 cm
作品サイズ59×48 cm
補足説明
状態新品
付属品額付
エディション
◆ マリー・ローランサン(Marie Laurencin) ◆
1883 10月、パリで私生児として生まれる。
    事実上の父は代議士であった為、経済的不自由はなかった。
1893 パリのリセ・ラマルティーヌに入学。
1902 女子師範学校の準備を止め、製陶所で磁器の絵付けの講習に通う。
1903 画商アンリ・ピエール・ロシェと出会う。
1904 リセ・ラマルティーヌ卒業。画塾アカデミー・アンベールに入り、ジョルジュ・ブラックらと出会う。
1906 ブラックの紹介でパリの「洗濯船」の常連となりピカソやマックス・ヤコブらと出会う。
1907 ピカソの紹介で詩人ギョーム・アポリネールと恋に落ちる。初のサロン出展を果たす。
1911 ニコル・グルーと出会い、生涯の親友に。
1912 パリのバルバザンジュ画廊において展覧会。アポリネールと訣別。
1913 母ポーリーヌ死去。ドイツ人画家、オットー・フォン・ヴェッチェンと出会う。
1914 ドイツ人貴族ヴェッチェンと結婚し、旅先のスペインで、そのまま亡命。
1916 バルセロナへ転居。アポリネールが戦争で負傷。
1918 アポリネール死去。
1920 デュッセルドルフへ転居。
1921 パリへ転居。ロザンベール画廊での個展が成功。
1922 アルコール中毒となったヴェッチェンと離婚。
1923 肖像画を描き始める。
1925 シュザンヌ・モローと同棲。
1932 「パリ16区のアトリエ」にて教鞭をとる。
1944 マルセル・ジュアンドー著「小動物物語集」にエッチング8点を掲載。
1954 シュザンヌ・モローを養女に。
1956 心臓発作で死去、享年72歳。

淡い色調で描かれた甘美な女性像と独自の叙情的な魅力の作品は、今も、多くの人々に愛されています。

※ 本商品は、店舗等でも販売している為、
  ご注文のタイミングによっては完売となる場合が御座います
  ので、その場合は、ご容赦下さい。
■マリー・ローランサンの一覧
※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。
人物画_女性_親子_母親_子供_世界の名画

コンサートインフォメーション コンサートインフォメーション Concert Information

更新情報 更新情報 Renew

16.9.26

  • SUN

公演予定

パイプオルガン・コンサート&体験見学ツアー

9:45横浜みなとみらいホール集合→17:00頃ミューザ川崎シンフォニーホールにて解散予定

横浜みなとみらいホール:三浦はつみ
神奈川県民ホール:荻野由美子
ミューザ川崎シンフォニーホール:近藤 岳

モネ名画額F6金 「アルジャントーユの橋」 1739640【カード払限定/同梱区分C】

【送料無料】 アレックス「風水」油絵額F6 【他商品との同梱不可】

15:00開演

指揮者:黒田学、中川武、館山満
吹奏楽:法政大学第二中・高等学校吹奏楽部

詳細へ

宅配 【絵画】マリー・ローランサン『母と子』複製画■新品★-その他

アンコール曲はこちら→